バイオグラフィー

メトナーの生涯と作品


バイオグラフィー

以下はウィキペディアの記事の最初の部分の素材を使用し、GNUの下でライセンスされていま

Medtner, 1907
Medtner, 1907

す。もう一つの伝記は、国際メトネル財団にあります。エストレラ博士の作曲家に関するインクレディブル・アブライド辞典にあるスタインバーグのエッセイでは、より個人的な説明がなされている。
ニコライ・カルロヴィッチ・メトネル(1880年1月5日 - 1951年11月13日)はデンマーク系の父とスウェーデン語系(ドイツ系)母の両親のもとにモスクワで生まれた。ラフマニノフやスクリャービンと同時代の作曲家であり、ピアノを含む多くの作品を作曲した。ピアノソナタ14曲、ピアノ協奏曲3曲、ヴァイオリンソナタ3曲、ピアノ五重奏曲、2台のピアノのための作品、多くの短いピアノ曲、声楽のための作品2曲を含む歌曲108曲が出版されている。作曲日、版、ディスコグラフィーなど、出版された作品の全リストは、「作品集」で見ることができる。

38曲のピアノ曲「スカツキ」(「物語」「伝説」と訳されるが、メトネルの妻の提案により英語では「Fairy Tales」と呼ばれる)は、彼の最もオリジナルで魅力的な音楽の一部を含み、ピアノソナタと同様に彼の作品の中核をなしている。

メトネルは、10歳でモスクワ音楽院に入学するまで、母親からピアノの手ほどきを受けていた。パブスト、サペルニコフ、サフォーノフ、タネーエフらに師事し、1900年、20歳でアントン・ルービンシュタイン賞を受賞して卒業した。メトネルは保守的な音楽性であったが、その作曲は同時代の作曲家たちから高く評価され、ピアノの名手としてもラフマニノフに次ぐ実力を持っていた。ベートーヴェンのピアノソナタや弦楽四重奏曲の後期作品に挑戦した数少ない作曲家のひとりであり、これらはメトネル自身の作品の出発点にもなっている。

1917年のロシア革命までの数年間、メトネルは両親と実家で暮らしていた。兄のエミールと結

Medtner, 1937
Medtner, 1937

婚した高名なヴァイオリニスト、アンナ・ミハイロフナ・ブラテンスカヤと恋に落ちたのもこの時期だった。エミルはその後、第一次世界大戦勃発時に留学先のドイツに抑留されていたが、アンナに兄との結婚の自由を寛大にも与えてくれた。メトネルとアンナは1918年に結婚した。

友人のラフマニノフとは異なり、メトネルがロシアを離れたのは革命後かなり経ってからであった。1921年にベルリンに、1924年には物価の安いフランスに移住した。しかし、メトネルの音楽は、ドイツではほとんど関心を持たれず、また、フランスでも「モダニズム」の流行でほとんど関心を持たれなかった。1924年と1929年のアメリカとカナダ、1927年のロシア、1928年から1935年までの6回のイギリス訪問、そしてラフマニノフの寛大な心によってのみ、彼の経済的な生存は助けられたのである。メトネルの音楽に対

Medtner, 1943
Medtner, 1943

するイギリスの聴衆の受容性は、メトネルに再び移住するよう説得した。1935年10月、ロンドンに居を構え、教育、演奏、作曲のために厳しい日々を送る。

第二次世界大戦が始まると、ドイツの出版社からの収入は途絶え、体調を崩すことも多くなった。ブリッツの間、彼の熱心な弟子エドナ・アイルズはメトネルをウォリックシャーに避難させた。最初はワイソールに、後にウートン・ワウェンに移り、そこでピアノ協奏曲第3番を完成し、1943年のプロムナードコンサートで演奏した。1946年、思いがけないことが起こった。マイソールのマハラジャ、ジャヤチャマラジャ・ヴォデヤルバハドウール殿下が、音楽愛好家でアマチュアピアニストでもあるメトネルの全作品を録音する目的で、

Medtner, 1948
Medtner, 1948

メトネル協会を設立したのだ。メトネルはすでに健康を害していたが、生前にフィルハーモニア管弦楽団(初代会長はマハラジャ)と協奏曲全3曲、ソナタ、室内楽、歌曲、短いピアノ作品などを録音することができた。HMVの録音で最も有名なのは、1950年の最後のセットで、メトネルがエリザベート・シュワルツコフの伴奏で14曲の歌曲を演奏したものである。1930年代の録音と合わせると、健康不安にもめげず、旺盛な創作意欲を発揮した歴史的録音といえる。メトネルはパトロンへの感謝をこめて、マイソールのマハラジャにピアノ協奏曲第3番を献呈した。

1951年、ロンドンのゴルダーズ・グリーンの自宅で亡くなり、ヘンドン墓地に埋葬された。ウェントワース通り69番地にある彼の家は、レイヴェンスクロフト通りとの角にある

at home with Anna and Kotya, August 1950
at home with Anna and Kotya, August 1950

1930年代の質素な半独立住宅で、バーネット区議会が提供したプレートが掲げられている。

最近の写真をここに掲載する。

ディスコグラフィー
メトネルの音楽は、ディスクではそれなりに良い成績を収めている。ソナタ、協奏曲、室内楽曲の録音が充実している。ピアノ曲はすべて録音されており、そのほとんどが複数回録音されている。

メトネルは、特に死後数十年間は人気がなかったため、現代に至るまでほとんど録音が行われていない。ラフマニノフやエドナ・アイルスをはじめとする数人のピアニストは、作曲家の存命中にメトネルの音楽を支持したが商業録音は残さず、モセイヴィッチやギレルスをはじめとする他のピアニストもわずかな数の録音を残しただけである。メトネル自身の録音は、初期における彼の音楽を最もよく知ることができる。HMVとコロンビアへの商業録音は、未発表のものも含めてすべてCDで入手できる。BBCがそのアーカイブから放送をリリースすれば、さらに多くの歴史的録音が登場する可能性がある。

メトネルの音楽への関心が再び高まっているのは、ハミッシュ・ミルンの先駆的な仕事に負うところが大きい。ミルンの最初の録音は1977年に発行されたLP2枚組で、「夜風」ソナタの最初の商業録音を含んでいることが注目された。メトネルと関係の深いピアニストは、生前に3つの協奏曲とピアノ作品のほとんどを録音したジェフリー・トーザーと、ソナタ全曲の録音が指標となったマルク=アンドレ・ハーメルンの2人である。現在、多くのピアニストがメトネルを録音し、コンサートのプログラムに彼の曲を取り入れている。特にボリス・ベレゾフスキーは、いくつかのメトネル・フェスティバルを創設、あるいは援助している。イリーナ・メジューエワは日本の聴衆にメトネルを紹介し、メトネルのピアノ・ソロ作品のかなりの部分を録音している。

歌曲は、これほど関心を集めてはいない。歌曲にはメトネルの最も優れた音楽が含まれており、ピアノ曲に知性を求める人々にとって魅力的な直接的表現があるだけに、これは特に残念なことである。歌曲の人気のなさは、歌い手と伴奏者双方にとっての技術的な難しさ(シュヴァルツコップは「今まで歌った中で最も難しいものの一つ」とコメントしている)に起因するとされてきたが、今日ではほとんど当てはまらず、より可能性の高い説明は、認知度の低さである(フィッシャー・ディースカウ歌曲集はメトネルについて全く言及していない)。多くの曲が印刷版で入手できないことも、その一因である。メトネル自身は、オダ・スロボツカヤ、タタニア・マクーシナ、マーガレット・リッチー、エリザベート・シュワルツコフの各ソプラノ歌手と録音しており、このサイトからダウンロードすることが可能である。後期の曲はまだ初録音を待っているものもあり、またLPや削除されたCDでしか入手できないものもあります。

特定の作品の録音については、「作品紹介」をご覧ください。